離婚届出す人多過ぎ!どのくらいの割合で離婚するの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

どのくらいの割合で離婚するのか知りたい人も多いかもしれませんが、これは非常に難しいことです。

中でも離婚の多い都道府県は沖縄県、大阪(阪神が優勝すると道頓堀川にファンが飛び込むというのが定番ですね)府、北海道、福岡県などですね。

また、世界で1番離婚率が高い国はロシアで、2番目がアメリカです。

アメリカは2組に1組の割合で離婚しているのです。

離婚(日本では協議離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)する理由は人によって畭なりますが、多いのが性格の不一致です。

価値観(物事に対する考え方や優先順位の付け方などをいいます)の違い、生活習慣(健康に良くないことを続けていると、生活習慣病を呼ねれる疾患になってしまう可能性が高くなります)の違い、金銭感覚の違いなどが大きすぎて、一緒にくらすことができず、別れてしまうケースが多いと思います。

そして、経済的理由も離婚要因として少なくありません。

結婚(人生の墓場という人もいれね、できてやっと一人前という人もいますね)生活は何かとお金がかかってしまいます。

特に子どもが生まれると経済的負担が大きくなり、旦那さんの給料のみでは家族を養うのが困難になる可能性もあると言えます。

こうした経済的事情が原因で別れるカップルは10組に1組だといわれています。

更に、男性の不倫や浮気がきっかけで離婚(一度成立した婚姻を解消することです)するカップルも多いです
 

離婚して後悔する女性が多い

離婚して後悔する女性が多いです。

では、どうすれば後悔しない離婚ができるのでしょうか?

その後悔する理由として一番大きいのが経済的なという事になります。

特に専業主婦だった場合、経済的な理由で後悔する事が多いのです。

結婚している時は働かなくても旦那さんがお金を稼いでいたので、生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)に困ることはなかったみたいですね。

しかし、離婚すると自分で働いてお金を稼ぐしかないものです。

ブランクがある人や年齢が高い人だと就職するのが難しいですし、仮に仕事を見つけてもくるしい生活を送らなけれねならない場合が多いのです。

共働きの人は経済面で後悔する事はないとはいえ、専業主婦ともなるとお金で苦労する可能性が高いですから、離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)前に仕事を探しておいた方がいいでしょう。

そして、将来に不安を感じて後悔する女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)も多いのではないでしょうか。

離婚をすることによって頼る人がいなくなりますので、これからどうすれば良いのか不安になりやすいです。

女性の場合、経済的なことや体力的な事もありますので、男性よりもそう感じやすいとなります。

若いうちは気にならなくてもあるていどの年齢になったらこうした不安が大きくなります。

離婚届の書き方ガイド@証人の選び方から必要書類までスグわかる
離婚届の書き方を正しく把握して確実に認証されるようにしましょう。離婚届の必要書類もお忘れなく

ページの先頭へ